医師求人情報ナビ【※人気転職サイトランキング】

週4日以下勤務の医師求人

医師が退職や転職を考える理由として、多くみられるのは過酷な労働条件と業務内容に適していない収入です。その為に、できる限りプライベートな時間を多く取れるようにしたいとか、QOL(生活の質)を重視したいと考える医師は、常勤で週4日以下勤務の医師求人を探すこともあります。ただ常勤医師というと週5日フルに勤務する必要があるといったイメージを持っている方も多くて、週4日以下勤務の医師求人なら非常勤しかないと考えている方も少なくないです。しかし週4日以下勤務の医師求人も多くて、一般病院・ケアミックス病院・療養型病院・精神科病院・クリニックなど、勤務先のバリエーションも意外と豊富に揃っているのです。

週4日以下勤務を叶える求人が多いのは、全国的な医師不足を背景に医師の労働環境を見直して人材を確保することが急務になっているためです。その解決方法のひとつになるのが医師の負担を軽減する週4日以下勤務が可能という求人です。そして、それを実現するために複数人の医師が交代で勤務する体制を確立して、常勤でさらに働きやすい環境を可能にしているところが多くあります。勤務体制に関しては比較的柔軟性が高いので、育児や介護など様々な家庭の事情がある医師でも、無理することなく長く勤務することも可能です。しかも、このように週の労働時間が少なくなっていても、年収が約1000万円を超える求人も少なくないのです。

ただ週4日以下勤務の医師求人を探す際に注意したいのは、医師の常勤換算の条件は健康保険法で週32時間以上と定められていることです。つまり、週32時間以上勤務している医師でないと常勤医師に該当しないということで、32時間未満の医師の場合には非常勤医師というのです。週4日勤務で32時間以上にするためには、休憩時間を除いて1日の勤務時間が8時間という方法を取ることになります。また、1日の勤務時間が7時間で週4日勤務し、週1日の当直を担当すると言った方法をする必要があります。ちなみに、当直に関しては当直時間の半分が勤務時間として換算することが可能です。

このように常勤医師として週4日以下勤務の医師求人を探す場合には、週32時間以上の勤務時間が必要という点を理解しておくと良いです。非常勤医師でも良いというのなら問題ないのですが、常勤医師を希望するのなら週32時間以上の勤務時間になるように工夫する必要があります。例えば、週4,5日以上といった求人募集があった場合には、週4日勤務で1日当直を担当するといった内容に変更できないかを交渉してみるなどです。

>>医師転職サイトランキングはコチラから


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2018 医師求人情報ナビ【※人気転職サイトランキング】 All Rights Reserved.